あげて良い野菜

飼い犬にとって、何が楽しみか?というと、食べ物です。
毎日の食事は何よりも大切なことです。
飼い犬に良い食べ物はドッグフードだけではなく、人間が食べているものでも良い物もたくさんあります。
ですから、手作りの餌でも大丈夫です。

ビタミンや食物繊維を多く含む野菜は、人間と同じくらい飼い犬にとっても必要です。
ただし、サラダの様に生で与えるのはあまり良いことではありません。
農家の飼い犬で、畑の野菜を食べるといったこともありますが、この時にもやり過ぎ注意です。

理想的な野菜の食べ方としては、ゆでたりむす。
それも味はなしで、そのままの野菜に熱を入れるだけです。
カボチャなどの緑黄色野菜、キャベツなどは喜んで食べます。
最初から野菜を与える事は必要な事で、ある程度ドッグフードで慣れてしまうと食べないこともあります。

ただし、野菜のなかでも絶対与えてはいけない野菜はネギやにんにくなどの香辛野菜類です。
ネギ類に含まれる成分が、赤血球を破壊すると言われています。
また、食物繊維が多いごぼうも人間は良いのですが、犬には食物繊維が大量すぎます。

野菜の中でもイモ類は良いのですが、じゃがいもの芽は絶対に与えないようにしてください。
その他、ブロッコリーなども飼い犬によっては体質に合わない場合があります。
野菜は、体調を整えるものとされていますから、毎日何等かの形で与えることで、健康によいとされています。

飼い犬の健康のためですから、ドッグフードばかり与えている方は、たまには調理してみるというのはいかがでしょう。



<関連リンク>
他犬種と比べて世話が楽なトイプードルについてまとめている犬の大辞典です > トイプードル 世話